スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第65号 069

どうもこんばんは!
製作スタッフ・NAでございます

なんと今号の製作は

「シートベルトを組み立てる」だそうです

遂にシートベルトまできてしまいましたね

チラッとガイド見たんですが、おそらく苦戦してしまうであろうって感じです

作業がすごい細かいんですよね~

今日も丁寧な製作を心がけます

と言う訳で第65号始めたいと思います!
65-1.jpg



勿論パーツはシートベルト
素材が本当にリアルです
いや~、すごいなこれは
65-2.jpg




前号パーツの写真撮り忘れてしまったー!!
しっかりしろNA!!
文章での紹介で申し訳ありません…
メインボディ、インストルメントパネルラベル(64号)、フューエルフィラーバルブ(64号)、フューエルフィラーバルブハウジング(64号)、ギアリンケージベアリングハウジング(64号)



さて、気を取り直して製作に移りたいと思います
BOSSラベルを貼る作業からです
切り抜き作業ですか…
65-3.jpg



次にシートベルトにメインバックルを取りつけます
パーツの素材がナイロン製なので感触もリアルです
65-4.jpg
65-5.jpg



今回の製作はバラバラになっているシートベルトを両面テープで組み合わせていく作業っぽいですね
今のところ苦戦していません!
65-6.jpg



ここから少しややこしいかもしれません
向きに注意して組み合わせていきます
65-7.jpg




BOSSラベルが貼られているシートベルトも組み合わせます
65-8.jpg



シートベルトらしくなってきましたね!
あっ、ちなみにシートベルト製作は完了です
65-9.jpg



最後の作業はメインボディに前号パーツを取り付けです
フューエルフィラーバルブ、フューエルフィラーバルブハウジング、ギアリンケージベアリングハウジングですね
名前が長い!!!
65-10.jpg



取り付けは簡単です
接着剤の量だけ気を付けてください
65-11.jpg
65-12.jpg



見えにくいですが、ギアリンケージベアリングハウジングも取り付け完了です
この取り付けは苦労しました
ガイドにはエンジンブロックを取り外して取り付けるようにと書いているのですが
実は訳あってエンジンブロックが取り外せません
正直今までの製作で一番焦っています
65-13.jpg





今後の製作に支障をきたさなければ問題はないのですが…

絶対に取り外さないといけない製作があったらどうしよう

これは参った

接着してはいけない箇所を接着してしまったんですよね

しかも瞬間接着剤で

過去を振り返ってもしかたありませんね

このピンチをなんとか乗りきってみせます!


■実作業時間 40分
■素人的難易度 ★★★★











第64号 068

こんばんは!
スタッフ・NAです。

気づけばもう12月

今年も残すところあと一ヶ月

気づけばもう第64号

製作も残すところあと6号

なんだかあっという間ですね

毎回こんなことばかり書いている様な気がします

感想は最後のUPで書きましょうか

第64号、今日も元気に始めましょう!
64-1.jpg



あ!インストルメントパネルが入ってきました!
各装置類です
今回も今号のパーツは使用致しません!!
大切に保管しておきましょう
64-2.jpg




前号パーツの紹介
ターボインレットダクト(左右)、ホース、ワイヤー、ウェイストゲートパイプ
そして毎回製作には欠かせないメインボディでございます
64-3.jpg
64-4.jpg



ターボインレットダクト、ウェイストゲートパイプの取り付けから開始!
64-5.jpg



左右確認OKなら接着
一度取り付けミスをした過去があるので瞬間接着剤は若干トラウマです
64-6.jpg
64-7.jpg



仮組みですがメインボディに取り付けてみましょう
64-8.jpg



こんな感じです
なんとも言えないオーラがあります
64-9.jpg
64-10.jpg



ホース&ワイヤーのカット作業です
これは久しぶりにきましたね
ホース(50ミリ、45ミリ)×2 ワイヤー(40ミリ、35ミリ)×2にカット
そしてワイヤーをホースに通すという簡単な作業
64-11.jpg
64-12.jpg



そのホースをエンジンブロックに取り付けます
画像に注目です
64-13.jpg
64-14.jpg



64号完了!!
いや~、なかなかの製作時間でしたよ
もう10分20分で終わるような世界ではない
そう思います
64-15.jpg



さくさく終了した第64号

ですがここ最近の製作時間がすごいかかっています

パーツの取り扱いもすごい気を使います

補修作業も増えてきましたしね

なんだか本当にラストスパートって感じがします

大切に製作していきたいと思った今日この頃でした


■実作業時間 50分
■素人的難易度 ★★★★




~番外編~

こんばんは!
スタッフ・NAです。



今回は久しぶりの番外編ということで、

以前から気になっていた書籍の紹介をしたいと思います!

いつもお世話になっているモデルファクトリーヒロ様から出版されている
『McLaren MP4/4 in Detail』と言う書籍でございます。
この書籍は以前出版されていた『McLaren MP4/4 1988』を
模型製作用に写真をピックアップしたものと言う事です。



表紙はこんな感じです。
今製作中のMP4/4の内部写真が載っている書籍です。
製作しているパーツと実車を比べてみたいと前々から思っていたんですが、
『McLaren MP4/4 1988』以外ですと書籍はあまりありませんでした。
製作している者からしたらかなり惹かれる資料です!
番外




改めてこの書籍と見比べてみるとデアゴスティーニのパーツは本当リアルに再現されています。
凄いです…
番外1
番外2
番外3





文章などはなく写真だけですが、かなり見入ってしまいます。
この書籍を見ながら製作するとよりリアルに作れるのではないでしょうか。
番外4
番外5


今現在、店頭には在庫がございませんが注文受付中です!
ご興味のある方はお気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ!

『McLaren MP4/4 in Detail』 \1,500(税込)



第63号 067

皆様こんばんは!
スタッフ・NAでございます。

久しぶりの製作UPでございます。

珍しく日にちがあいてしまいました…

仕事を溜めるのが好きではないNA。

まだ63号のUPが出来ていないのに、もう64、65号が届いております!!

これはマズイ!!

早く63号を仕上げて、64、65号に取り掛からなければ!!

ぐずぐずしている暇はありません!
64、65号はもうそこまで来ています!
というか既に手元にあります!

なので63号に取り掛かりたいと思います!!!ブーン=3
63-1.jpg




パーツ紹介。
新しく仲間入りした細かいパーツ達です。
クオリティの高いパーツですね。
633.jpg
6333.jpg



今号のパーツは使用いたしません。
前号の製作になります。
作業が多い回になりそうです!
63-2.jpg



メインボディにボトムプレートを組み合わせる作業からです。
やっと取り付ける時がきましたね。
63-3.jpg
63-4.jpg



さらにアンダーパネルも組み合わせます。
締めすぎには十分気をつけましょう!
63-5.jpg



次はエンジンにエキゾーストパイプ、ターボチャージャーを取りつけます!
この取り付けは個人的に楽しみにしてた作業です!!
63-6.jpg



まずは左右のエキゾーストパイプ!
向きに注意してください!
63-7.jpg
63-8.jpg
63-9.jpg



そこにターボチャージャーも取り付けます。
複雑なのでしっかり確認お願いします!
63-10.jpg
63-11.jpg



次の作業は、エンジンブロックにエキゾーストパイプ、アンダーパネル、メインボディの組み合わせ。
こういう作業本当に好きです!
ミスをしない様に気をつけなければ。
63-12.jpg



位置を合わせてから仮留めします。
ワクワクしてきました。
63-13.jpg



おーっと、ちょっとわかりずらいですが、無事組み合わせ完了しました!
まぁまぁ時間がかかりました。
63-14.jpg
63-15.jpg



エキゾーストパイプ(外側)も取り付け完了です。
さらっと製作しているように見えますが、かなり時間がかかってます。
素人的難易度の星が楽しみですね。
63-19.jpg
63-18.jpg
63-17.jpg



久しぶりの製作だった第63号。

めちゃくちゃ手こずりました。

本当に難しかったです。

なにかしらミスが出ていてもおかしくありません。

もうミスしてるであろうと思っている方が気持ち的には楽です。

気力を使い果たした製作でした。


■実作業時間 60分
■素人的難易度 ★★★★★★!!!







第62号 066

こんばんは、スタッフ・NAです。

早くも1週間が経ち、第62号です。

特に大きなミスもなく順調に進んでおります。

今日は今号の製作と共に、じっくりミスチェック&破損チェックしたいと思います。

製作とは関係ないですが、

最近グッと冷え込んでいるせいか、風邪をこじらせている方がちらほら。

皆様、体調には十分気をつけましょう。

NAも気をつけます。

さてさて、製作に取り掛かりたいと思います!

第62号
今号はエキゾーストパイプの組み立てです!
P1050087.jpg





パーツは勿論エキゾーストパイプです。
このパーツは重量感があって個人的に好きなパーツです。
質感もいいですよ!
P1050088.jpg





そして前号のパーツ準備。
テールパイプ、ターボチャージャーE、ターボチャージャーF、ターボチャージャーG、エキゾーストベース、ウェイストゲート、エキゾーストパイプ。
ちょいと多いですが頑張っていきましょう!
P1050089.jpg





エキゾーストベース、エキゾーストパイプ、ターボチャージャーF、Gを組み立てていきます!
切り離しがある…
P1050090.jpg




全て瞬間接着剤使用ですので、組み合わせ前に仮組みでしっかり確認しておきましょう!
パイプ系は向きがややこしいのでじっくり確認しました。
P1050091.jpg




向きがばっちりなら組み立てていきましょう!
まず、エキゾーストベースとエキゾーストパイプの組み合わせから!
P1050092.jpg



この存在感…
パイプ系の部位が一番好きかも知れません。
P1050093.jpg



向きさえ注意すれば組み立ては簡単でした。
今号は、各パーツ左右製作していくそうです。
P1050094.jpg



お次は、ウェイストゲートにエキゾーストパイプ&テールパイプを取り付けていきます。
しかし、いい色合いですね…ふむ。
P1050095.jpg



あ、前号パーツの紹介もれがありました。
57号提供のテールパイプさんです。
P1050096.jpg



この組み合わせも向きだけ注意ですね。
パイプの取り付けにより、重量感が増しました。
P1050097.jpg



テールパイプもしっかり取り付け…
P1050098.jpg



完成でございます~。
P1050099.jpg



よし、最後の作業です!
エキゾーストパイプにテールパイプ&ターボチャージャーを取りつけます。
またもや切り離し…
P1050100.jpg



くどいようですが、この組み合わせも向きに注意でございます。
今回は向きに気を配る号です!
P1050101.jpg



ターボチャージャーも無事取り付け完了。
P1050103.jpg



組み合わせが間違っていないか再確認!
間違っていても、もう手遅れですけどね。
NAはもうイージーミスなどしません!!
P1050108.jpg




そんなこんなで、無事エキゾーストパイプの製作が終了いたしました。

あ、破損&ミスチェックもしましたが問題なかったようです!

多分…

次号の製作を確認しましたが、これまた細かい作業になりそうです…

ふぅ~。

それともう一つ。
近々UPする予定ですが、モデルファクトリーヒロさんから発行されている『McLaren MP4/4 in Detail』
という本があるんですが、この内容がとても興味深い内容になっておりまして。
マシン内部の写真がズラリ!
製作していない方でも楽しめる一冊になっていると思います!
UPまで今しばらくお待ちください!

■実作業時間 30分
■素人的難易度 ★★★






プロフィール

クルマコーナースタッフ

Author:クルマコーナースタッフ

代官山の「蔦屋書店」です。

クルマとバイクを中心に自転車・時計・飛行機の本やDVDを扱っています。

蔦屋書店サイト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。